BLOG

2015-04-28
謎の「-」 犯人逮捕!!

1時間でエンストを起こす修理開始から2週間。
 昼間より 夜に症状が出る? 涼しいのに?

 時間を気にしながら 「そろそろ 止まる頃」と後方確認しながら
 スペースを探し「ドンピシャでエンスト。」
  タイマーでも付いてるの??  あっ・・ 電球が切れてる。
 フロントパネルを外し 電球を点検すると
          「切れてないっすよ」
 ライトスイッチレバーかな? 交換しても駄目。
   ヒューズも大丈夫?? 
   助手席のヒューズBOXを軽く押さえてみると ライト点灯!
 リレー ヒューズの「ガタ」かなと思いつつエンジン始動し 
   ヒューズBOXを揺さぶってみると
 「ピピピ」エンスト メーターに「-」表示現る。
   再度スタートさせようとしても KEYマーク。
    暫く時間をおいて もう一度実験。「-」表示。
  なんと 偶然に「-」表示させることに成功。

 何度も取外し点検 接点回復剤塗布していた所。
  ヒューズBOXの不良かなと思い 再度取外し点検。
  15個以上のカプラーを再度 念入りに点検しながら接続。

 この時点では殆ど ヒューズBOXと断定していましたが
   最後の大き目のカプラーを点検
         「あ・や・し・い・な」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 カプラ中央 黄色◎の所に焼け跡発見
  配線図を確認すると ライト配線。
  ライト不点灯の原因。

  ヒューズBOXを調べると

          
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  やなり同じ所に焼け跡。
  腐食はしていなかったので
  綺麗に磨き形成修正にて対応。
  カプラ側は 同じサイズの端子で
  作製しカプラに組み付けで実験。
  エンジン始動で揺らしても
  「-」表示なし。

   仮組し 時計を確認し 深夜のドライブへGO~!
    時間は55分経過 4・3・2・1 1時間経過

         「動いてますいやいや
   まだ安心できない状態。後方を確認しながの試乗は続く。
   午前2時の時報がラジオから流れる。
     この時点で「犯人逮捕」と断定 
   2時間半再発なし。
     念のため 翌日早朝にライトONで走行 問題なし!
   無事 完了しました。
    正直 ECU ヒューズBOXの交換と諦めていました。
      しかも 何度も取外し点検したカプラ。
     原因は 点検ではなく 
            私の小まめな確認不足。
    「今回の修理で改めて 教えられました。」
    新しい部品を取り付ければ直りますが再発する可能性はある。
    何故そこの部分が悪くなったかの原因を追究しない限り
    完治しないことを。ヒントは きっと有る!
      完治して 正直 ほっと しました。
              さて 次の難題に取り掛かります。
                   頑張ります。
    

      


    

     


 


Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment