BLOG

2015-05-03
W220キーレス点検

以前からキーレスの調子が悪いと相談頂いて 
GW中不在を利用しての修理預かり。
状況)調子が良い時がキーレスで開閉出来る
   車体から50cm以内の距離。ほとんど毎日鍵で開閉。
   キーレス電池は交換済み。スペアキー作製。
 DASにて診断 フォルト無し。今日は機嫌が良くキーレス稼動。
 みなさんから言われます。「ここに来ると 調子が良い?」
「何か持ってるよね?」 いえいえ 目で治しますから(笑い)

 先ず 受光部と電源から点検開始
P1000083 
 ルームランプの受光部を点検
 
  部品取車と付け替えても問題なし。
  はい 消えた!

 

P1000082 
 トランク内のユニット点検。 
  電源もOK。
 付け替え
ても問題無い。

  はい 消えた。!

 

P1000084 
 続いてリアシート下のユニット点検。
 電源 ヒューズ異常なし。
  はい 消えた !

 

P1000092 

 運転席足元の電源点検
  ここも問題無さそう。
 はい 消えました!

 
 
今日はキーレスの調子が良く なかなか点検がうまくいかない・・・・
 休憩を利用して 配線図と にらめっこ!! 時間だけが過ぎる
 配線図をよく見ると ミラー部 トランク部の配線が
       一本の配線に繋がるユニットがある?
      「ど・こ・だ・・?」
 現車の配線を確認しながら追っていくと
   「まさか? 天井に行っているでは有りませんか」
       どうしよう? 
 ワゴン車ではないので 天井内張りは簡単に外れないし
  車が車 だけに傷を付ける事も出来ないし 汚せない。
 内装は殆ど バラバラ状態 丸裸。組立てられるか心配な状態。
 
  更に分解は続く。
 天井内張りに隙間が出来 確認すると 
 有るでは有りませんか 大きいユニットが。
 どうする? 本当にこれ?? 間違いないよね? ちょっと弱気

 もう一度配線図を確認。やはり間違い無さそうで
   作業開始。 太い手が 邪魔して作業が進まない。
 腕の太さで 天井内張りに折り目が付かない様にする事が大変。
   格闘すること 1時間 無事外れました。
P1000094 
 これです。
 部品取車の物と比べ抵抗を測定してみると
  全然違います。 間違いなし。
  意外と取外す時は簡単なんですが
 取り付けとなったら 大変です。
 手の感覚だけでネジ穴を探し 
      取り付けていきます。工具もラフに使えないので慎重に。
  外した時の 倍以上の時間が掛かり無事取り付け完了。
  全ての配線 バッテリーを繋ぎ TEST。 あれっ? ダメ?
  確認すると ルームランプが点灯したまま。おかしいな・・・
  原因追求。 発見! 簡単な原因でした。
  内装バラバラ状態でドアゴムが挟まり
     スイッチの妨げになっていました。ふっ・・ 一安心。

  ドアを閉め ルームランプ消灯を確認しTEST。
  先ず 運転席横  OK。
    続いて1m 離れて・・・ OK。
       距離を離していく。7m まだいける。
   最初に比べると十分な距離で 大成功。
   遠くでOPENにしてもドアを1分以内に開けないと
   自動でロックが掛かるのでこれで十分!!
            内装を組上げ開始。気が付けば 真っ暗。
     キーレスも復活して 一安心。 
                 明日は 排気漏れ修理!!

 

 

 

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment