BLOG

2015-05-04
スタッドボルト交換

冷感時エンジンをスタートすると「ビリビリ音」が確認でき
暖機すると自然となくなる。
エキゾースト取付部からの排気漏れ。
温まると鉄製のガスケットが膨張し隙間が無くなり 音が止まる。
スタットボルトの折れが原因です。作業開始!
2
 第一関門
  ここのボルトが最初の難関。
  錆び付いて変形しているのが多い。
  トーチで熱しトルクスを叩き込んで
  一発勝負! 今回は見事 クリアー!

3 
 配管を丁寧に外して行きます。
 プラスティックパイプ接続部を折らない様に
 慎重に外し作業しやすい スペースを作ります。

 

4
 外したガスケット確認すると
 1番からの排気漏れが
 はっきり分かります。

 

 
5 

 ボルトを確認すると
 3箇所折れてました。

 

 

6
 温めて交換の為に 
 取り外して行きます。
 順調に外れていきましたが
 最後の一本が
 途中で折れました。

7 
 ドリルで1mmから穴を開け
  徐々に穴を大きくしていきます。
  貫通してシリンダーに傷を付けない様に
  深さを確認しながら慎重に。
 

9 
 今回は意外と簡単に取れました。
 いつもは苦戦します。
 最悪の場合 ヘリサートが
 登場する事も有ります。
 一気に組上げて行きます。

10

 クリーナーで清掃して行きます。
 今回はキャブクリーナーを
 使用してカーボンを除去しました。

 

11 
 エキパイ部分も綺麗に
 清掃していきます。

 

 

12 最後にアクチュレーターの
 ピンを新品に交換し完了
 錆で破損すると ブーストが
 掛からなくなり 走りません

 排気漏れも完全に治りました。

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment