BLOG

2015-05-13
開けてビックリ!!

 

恐怖の「三」表示にてミッション脱着。
IMG_3117 
 先ずミッションオイルを抜き
  作業を進めて行きます。

 

 

IMG_3116
 スロットルボディー ハーネス
 インタークーラー ダクト等
 を外して行きます。
 下からの作業に移ります。

 

IMG_3115 
 マフラー ロアアームを外し
 ドライブシャフトを抜き
 エンジン半卸し
 作業しやすくしていきます。

 

IMG_3118 
 トルクス12のネジ9本
 長さを確認しながら外して行きます。
 小型ガレージジャッキー2台有ると
 作業しやすくなります。

 

IMG_3123 
 無事取外し完了。
 作業中に「ポトッ」ノックピンが
 落ちたと思っていたら 

  なんと ビックリ!!

 

IMG_3124 IMG_3125 
 折れて原型の無いボルトが!
 初めて見ました。
 ケース内も 無数の傷。
 幸いクラックは無く
 使用に問題無い状態でした。

オーナーに確認した所「昨年 クラッチ修理に出した」
                       との事でした。
IMG_3126
 確かにピボットは新しい
 クラッチプレートも新しい。
 なのに リリースレバーは
 交換された形跡なし??
 ボルト穴も綺麗なまま
  謎は深まります・・・・

 原因)ピボット交換した時に リリースレバーと取り外し
    取り付けの際 ネジロック剤を塗布せずに仮組みし
    規定トルクでの増し締め 確認不足と判断。
    もし ネジがクラッチ内に入っていたら・・・・・

       恐ろしい事に・・・・・


Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment