BLOG

2015-08-19
最近増えた来ました。

最近増えて来ました修理を御報告致します。
走行には支障の無い修理です。
フロントパネルのクラック修理です。
1

 知らず知らずの内に
 クラックが入り
 気付いた時には
 大きくなっている
 パネル割れの修理が 
 最近 増えて来ました。

 

 

何時もの様に 割れ防止の養生テープを貼り脱着します。

2 
 常に合わせ面を気にしながら
 出来るだけ面を合わせる様に
 丁寧にリペアビットを熱着して行きます。
 こんな時は 太い指が活躍します(笑)

 

3
 はみ出たビットの足を切り落とし
 熱着面が平らになる様に
 隙間を埋める様に心がけ
 リューター等で形成して行きます。

 

4
 強力接着剤の均等に塗り
 アルミテープ等で養生し
 しっかり押さえ
 密着させます。
 完全に乾けば 表面の塗装も可能となります。

発見が早ければ 早いほど 傷面が判らない位に修理出来ますが
時間が経てば経つ程 気温 雨等の影響で傷口が変形し
難しくなります。最悪の場合 修理中にクラックが入る場合が有ります。

チャックポイントは
5 
 御自分の愛車の
 ここの部分を見て下さい。
 小さなクラックが有れば
 早めに修理しましょう。
 原因の一つに
 ドアの開閉の仕方も
 影響を与えます。

 

ドアの開閉時は ゆっくり開閉する様に 気を付けましょう。
勢い良く開閉すると ドアヒンジ部に力が加わり歪が出来
割れやすくなります。

私たちのネットワーク 「スマート119」は
皆さんスマートに関して スペシャリストの方 ばかりです。
スマートの事なら 何でも御相談下さい。
必ず 納得の行く 答えが出ます。

 

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment