BLOG

2015-10-07
名案浮かびました!

走行が増えるにつれて 多くなってきた修理に中に
「エンジンマウント交換」が有ります。
 発進時に「ゴン ゴツン」などの音。
 直ぐに動かなく事は無いのですが
 毎日乗っていると嫌ですよね。  音と振動。
 特にワインディング走行を楽しむ方のマウントは劣化が早い。
 色々なオーナー様より固めの物を作ってと要望有り。
以前は 巨匠様方の物を見本に作りました。
ただ 自分が選んだ資材が悪かったのか・・・・?
 綺麗に溝を埋めたのに 確認すると一部が無くなっていました?
 接着不足だったんでしょう。
 効果が無ければ最終的には
    社外品のハードタイプと言う方法が有りすが
        オリジナルは 出来ないのかを考えました。
    ホームセンターで物色。有りました。有りました!!
 丁度良い物が有りました。10mmのゴムマット。
 早速作製開始。思案3時間 実行20分。
 IMG_4681
一番マウントに負担が掛かるには
スタート時です。
今回は上の隙間に10mmのゴムを挟んで
見ました。液体ゴムより強度が強く
アルミパイプより衝撃が少ないのではと
無い知恵絞って考えました。
          他の隙間は今まで通り 液体ゴムを注入。

 そして車体に組み付け。何時も思います。隙間が狭い。
 うっかりミスで腕を挟み身動きが取れない状態で作業STOP。
 30分は モガイテ いたと思います。

 そこへ依頼主の常連さんが来店。「昼寝」ですか?
 た・す・け・て・・・・・
  状況が判り 直ぐに救助して頂きました。

 作業も全て完了し いよいよ試乗。凶と出るか 吉と出るか?
 来店してきた常連さんのマウントは アルミパイプ入り。
 一緒に試乗。
「振動が伝わらない 乗り心地も良いし しっかりしている」
 と評価頂きました。暫く乗って劣化状態を確認して
 問題無ければ これから交換時にはこの方法で加工します。

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment