BLOG

2017-07-08
くぅ~~ こんなのとも・・・・・orz

C180コンプレッサーワゴン。アイドリング時にハンチング。
多分 あ・れ・だ・な・・・・  くぅ~ 狭い 手が・・・・
エアークリーナーボックスを外して確認すると 当たり 出ました。
ブローバイホースに大きく切れが有りました。これを交換するには・・・
エンジン周り半分を取り外さないと出来ませんが 狭くて・・・
ここまで 分解しないと交換出来ません。しかも下に繋がっています。
部品代は3000円弱 一式交換をお勧めします。
途中ジョイント部分はエンジン本体になります。ここが詰まっている物が
多いので確認が必要です。
新品を組付け スペースがあれば 20分位で出来る作業なんですが・・・
インマニのガスケットも新品交換
勿論 インジェクターのオーリングも交換スロットルボディーも汚れていましたので 清掃し組付け
プラグも同時交換。ここまでは順調。エンジンを掛けてみる。
良好! GOOD JOB
DASして診断確認。そして試乗。ここから悲劇が始まった・・・・・
快調に走行していると エンジンチェックランプが点いた・・・・
エンジンはブレてない? 信号待ちで 軽く ハンチング? 何?
再度 DASにて確認すると O2センサー異常 と出た。
取り外しテスターで確認するもO2センサーは 正常。ガソリンが古い?
と言う事で 新しいガソリンを。状況に変化。実測値を確認。
先程のデーターを違う。しかもエンジンスタートして1分弱が変!
ひょっとしたら と思い、エンジンを冷し再スタート。
エンジン不調時に各部にクリーナーを吹きかけてきた。
すると エンジン不調が消えた。しかし 直ぐに不調へ逆戻り。
何処からか エアーを吸い込んでいるのが分った。
画像が無くてすみません。
再度クリーナーを拭きかけ確認すると エンジン後部が怪しい。
ボックスを外して確認。ホース外れ無し。な・や・む~。
一つ一つ手探り作業を進めていくと ひょっとして??
ボックスとチャージャーのジョイント部分に3mm弱の亀裂を発見。
洗浄して確認。部品をセンターに確認後 実験。
亀裂部分にを補修乾燥して取り付け エンジン再スタート。
恐怖の1分。エンジン不調全く無し。再度時間をおき エンジンを冷し
再スタート。全く不調の気配無し と言う事で直ぐに発注。明日午前中着。
これは 自分の組付け時の確認不足・・・・orz
まさか 亀裂があるとは・・・・・ 勉強になりました。
1に確認 2に確認を と実感した作業でした。

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment