BLOG

2017-09-07
どう見ても 同じにしか見えないんですけど・・・・・?

最近 車検で警告灯が点いていると NGになります。
今回 452 のAIRBAGランプ点灯修理。
診断前 多分 ハンドル側のコイルだな! と思っていました。
DASで診断 何と今回は 「はずれ」 が出てしまいました。
車体側の センサー不良 と診断されました。
多分・・・・・ と思いつつ 在庫確認。予感的中! 当たるな こんな事! 笑い
拠点 国内・・・・・ 本国確認中ときた。金額 70000円   orz……
そこで 幾つかのユニットを用意してみて実験開始。
実験前に 茨城のBOW親方に 聞いてみた。
この会話の内容は 企業秘密 なので 書けません。笑い!
上のアルミボディー製が452用 下左 MC01型用 右下 450332用です。
型は同じですが 452 はアルミボディ??
端子の位置も何も変わりません。しかし 部品品番が全く違うんです452は?
しかしながら 取り付けられている場所は コンポの奥・・・・
本来ならば ダッシュボードを全バラしての交換ですが
取りあえず 接続カプラーを外し ユニットを仮接続で実験する事に。
万が一 両方違ったら・・・・・・
そこで 実験 1. MC01用をセットしてみる。
            スイッチON  マーク点灯 DASで消去・・・・・出来ません。
     実験 2  450332用 同じくセットしスイッチON!! あっ!消えた!
            DASして診断 問題なし。
 考えられるとすれば SAMコンピューターの違い。
 制御の違いだと思われます。仮組して 試乗。問題なし。再度診断も問題なし。
  エアバックランプも無事消えた と言うことで・・・・ いよいよ交換。
  悩む~! はい その通り! 手?腕が狭くて入りません。orz
 しかし 交換しなければ 先に進めません と言う事で 知恵を絞る。
 工具箱と睨めっこ。 これとこれを組み合わせて こうして・・・・・・
 いざ 作業を進めていくと 考えて全く違う悩みが。
 イナバウアー 状態での作業で 背中は攣るし ・・・・・ きつい!!
 しかも やっと外れたボルトは 狭い所に挟まるは 楽したら 駄目ですね!
 この日は 夏戻りした? と言う位暑く 汗ビッショリ。
 組上げも終わり 依頼された 
  SAMのアップデート と ガソリン残量チャイムの設定に。
  ミスは許されないので 2台のDASを用意し 万が一の時のために備える。
  手に汗握る 緊張感。掌の汗がキーボードに・・・・・ 大変!
  作業中断! 薄手のグローブを装着し作業へ。無事完了成功。
  万歳した瞬間 グローブの中の水溜りが 頭に・・・・・
  私の人生 こんなもん?? と必ず落ちが付きます。笑い!
  試乗して シフトタイミングを確認 スムーズになりました。
  

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment