BLOG

2015-04-19
ドア内張りリフレッシュ

スマートの悩みの種 ドア内側パネルの剥がれ 浮き
10年超えのスマートが殆どで悩んでいる方も多い様です。
 よく相談されます。今日は簡単な修正方法を伝授します。

IMG_2879 先ずドア内側ハンドル 小物入れを取外し
 ドアパネルを取外します。
 パネルは 小物入れの底の部分に
 マイナスドライバーを隙間から入れ
 持ち上げると簡単に取外せます。
 パネル後方に引っ掛け爪が有りますので
 取れかかったら 前方に引いて下さい。
          パネルから 生地を剥ぎ取り洗濯機にて洗います。

IMG_2880 生地を剥ぎ取った状態。
 スポンジが残ります。
 スポンジが乾いている場合と ベタベタする場合が
 有ります。
 ベタベタの状態の場合 2~3日炎天下 に
 放置すると乾き 作業しやすくなります。

IMG_2881 スポンジをプラスティックたわし等で
 軽めに擦り落として行きます。
 出来るだけ擦り落とす様に作業します。
 残っていると接着が剥がれる原因になります。

 地道な作業になります。

IMG_2882            IMG_2883

 作業を続けるとパネルが
 白みを帯びてきます。

 

  

IMG_2884

  

  スポンジかすを取り除きます。

  エアーで吹き飛ばします。
  また 掃除機でも代用できます。

IMG_2886 

   作業前と 作業後のパネル

 

 

IMG_2888 続いて下地作りです。
 今回は ホームセンター等で簡単に入手できる
 G17スプレー接着剤を使いました。
 全体に満遍なく吹きかけ完全に乾くまで
 天日干しします。

 

IMG_2890 乾きましたら 
 洗濯した生地を貼り付けて行きます。
 貼り付け用接着剤は 今回は
 3M 99スプレー接着剤を使用しました。

 

IMG_2892 ここからは スピード作業です。
 出来るだけ全体に満遍なく綺麗に拭きかけ
 生地の位置をスピーディーに決め
 生地を力を入れ擦りつけて行きます。
 浮き等無いか確認します。

 

IMG_2893 乾燥させて完成です。
 オリジナルでカスタムできます。
 ストレッチするフェイクレザー等でも
 出来ますので TRYしてみて下さい。

 不明な点等有りましたら 
 HP または 直接電話にて遠慮なく
               お問い合わせ下さい。


Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment