BLOG

2015-09-06
エンジンチェックランプ点灯

お盆休みとシルバーウィークの連休を合わせて取り
九州一周して来たお客様が来店されました。
日南海岸を走行中 エンジンチェックランプが点灯した
と言う事で来店。
症状確認
  *平坦地では普通に走るが 登り坂になると
   30km位しかスピードが出ない。
  *水温が4つになる。
  *一度止めて冷すと少しは走りが変わる。
  *スマートってこんなにブレーキが深いんですか?
早速 DASにて診断。
 先週車検に出したばかりだと言う。
 エンジン関係のCPUに「F」コード有りました。
内容確認
  1,2番シリンダー失火  
   一度エラーコード消去して エンジン始動。
  エンジンのブルブル振動が激しい気がする。
  再度チェックランプ点灯
  1番シリンダー失火 と表示

 プラグを外して確認へ
 専用工具でプラグキャップを外そうとするが簡単に外れない。
 最悪 プラグの頭が取れるかな?と思いながら・・・・
 やっと 外す事が出来ました。真茶々の上側キャップ。
 と言う事は プラグも錆び付き?? 
  プラグホールが損傷しそうで怖い。やばい位 硬い。
 やっと 外れた! あつっ・・・・ うそ~

IMG_4200 
外したプラグ
右が上側になります。
お解りですよね。そうです無いんです。
熱で溶けてなくなっています。
左)下側プラグに付着物
エンジン白煙は出ていません。

先週車検に出した時に 点検されていないみたいです。
走行12万KM超え。エアークリーナーも新車から交換されていない
雰囲気。車検明細を見せてもらいましたが
その中に「プラグ清掃」と言う項目 料金が含まれていました。

画像とり忘れましたが ブレーキを見てみると
フロントパッドは交換されていましたが
リアを見てみると 最悪の状態。左側は完全に固着。
夕方のフェリーで帰るとの事で 状況を説明。
先ず (エンジン)
  中に落ちている可能性が有ります。プラグ交換しますが
  帰宅途中で最悪不動になる事も有り得ます。
  エンジンOH または 載せ替え になる可能性が有ります。
   (ブレーキ)
  新品在庫が有りません。OHします。帰宅後点検し
  症状が再発するようでしたら 交換して下さい。

作業開始)プラグ上下6本交換 酷い状態のプラグでした。
     点検は一切されていないと判断。
     ブレーキシリンダー分解
     トレーディング側 リーリング側 錆にて固着
     ペーパーにて錆を落としカップグリス塗布
     スムーズに動く様になりましたが・・・・・
     
組上げ 勾配の有るコースで試乗
普通に加速して十分スピードに乗る事を確認。
ブレーキも普通に効きます。
オーナー様に試乗を依頼。
 「こんなにブレーキ効くんですね。サイドブレーキも!!」
走り 止まりが全然違います。
  無事帰宅出切る事を 祈るしかない状況です。
  
プラグはコマ目に点検 交換する事をお勧めします!!

 


Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment